レーシック手術はどこがいい?

看護師

レーシック手術の特徴

レーシックはレーザーを角膜に照射して修正するという意味で、視力を矯正する手術のこと。

目の角膜をレーザーによって薄く削り、屈折力を調整することで視力を回復させます。今まで、視力を回復させることができるのは、眼鏡などのレンズを使うのが一般的でした。

しかし、レーシック手術によって視力を矯正できるようになり、裸眼でも生活に支障がなくなったんですね。

この手術は、厚生労働省にも認められていて、安全性はもちろん、視力回復効果も高い水準を誇っています。

ただし、どんな手術でもそうですが、100%確実に成功するとは限りません。人によっては、レーシック手術をしても理想通りに視力が回復しないこともあります。

レーシック手術後に視力が回復しないのは、極度の近視の方です。あまりにも極度の近視の場合、視力を上げるとなると角膜をかなり薄くまで削る必要があります。

角膜を薄くしすぎると、眼圧によって角膜が突き出してしまう角膜拡張症になってしまう可能性があるのです。

ですから、思うような視力にならないことがあるのですね。

しかし、最近では、通常のレーシックよりも安全に薄いフラップを作れるイントラレーシッという手術ができるようになりました。

この手術法なら極度の近視でもある程度まで視力をアップすることができます。

基本的には、事前の適応検査の時点で、どの程度まで視力が回復できるのか説明があるので、視力が回復しないということはないと言えるでしょう。

レーシック眼科は全国に多数ありますが、大手クリニックは東京、大阪、名古屋、福岡、札幌などの都市圏に集中しています。

やはり大手のクリニックは症例数が格段に多く、保証もしっかりしているので安心でき、メリットは多いです。

>>福岡のレーシック手術おすすめ眼科6選

危険性はないと考えてよいのか

現在では確かにレーシックというのは危険性も少なくなっていますし、後遺症なども少なくなっています。
しかし、危険性が全くないかっていうとそうではありません。

レーシックの施術方法の中には、とてもリスクの高いものなどもありますし、安全性が高いと言われた施術方法を行い、安心して生活をしていたら、時間が経ってから後遺症が起きてしまうこともあります。

レーシックを受けたことによる後遺症というのは、光を見た時にとても眩しく感じてしまったりするような症状や、光の回りにさらに光の輪が見えてしまうような症状、それからドライアイなどが挙げられます。

またレーシックの施術を行った後に無意識に目をこすってしまったりすれば施術で作成したフラップが、ずれてしまったりすることがあるので、こういったことも危険性の中に含まれると思います。

その他には、術後の感染症があり、感染症が起きてしまった場合には様々な目の病気につながってしまいます。

ですからこういったレーシックの施術における危険性を回避するためには実績がたくさんあり、本当に信頼できるクリニックを選ばなければなりません。

それでも完全に危険性をぬぐえるというわけではありませんから、レーシックの施術を受ける際にはしっかりとリスクを自分でも確認しておく必要があります。

費用やクリニックまでの距離というのも大切になってくると思いますが、危険性に関しても自分の体のことですから、しっかりと熟知しておいてください。

レーシック術式の違いや使用機器の名称の違い

レーシックという名前は視力矯正の必要がない方まで知っている非常に知名度が高い手術法なのですが、興味を持って調べてみると同じレーシック手術でも様々な種類があることが判ります。

種類がたくさんあるというのは術式の違いや使用機器の名称の違いによるもので、具体的には

  • レーシック
  • アイレーシック
  • イントラレーシック
  • Zレーシック
  • アマリスZレーシック
  • エピレーシック
  • ウェーブフロントレーシック

などが挙げられます。

ただこの中でも例えばアイレーシックやウェーブフロントレーシックなどはほぼ同一の物となりますが、アイレーシックは他の治療法と共にウェーブフロントレーシックの技術も取り入れているため、それぞれで名称に違いがでているのです。

またレーシックとは直接名称が付いていないものの類似する手術としては、

  • カメラインレー
  • ラセック
  • フェイキックIOL
  • PRK
  • フレックスPRK
  • 放射状角膜切開術(PK)

なども挙げることができます。

さらに本来のレーシック手術とは治療自体が大きく異なる物の、同じく視力を矯正する目的があることから広義の意味でオルソケラトロジー・角膜リングなどが含まれる場合もあります。

オルソケラトロジーはハードコンタクトレンズで角膜の形事態を矯正し、角膜リングは角膜内に非常に小さな半円で弓状のリングを挿入して角膜の形を変えるという方法をとっています。

こうして様々なレーシック手術の種類があり違いがある中でどれが一番という事は一概には言えず、個々の目の特性を踏まえてどの治療法にすると良いか医師が判断することになります。

都市部では大手クリニックで施術が受けられます!
>>レーシック札幌で評判のクリニックはこちら

 

レーシックで視力の指定はできない

レーシックの施術をすることによって、コンタクトやメガネを使わずに裸眼で生活ができるようになりますが、レーシックの手術は自分が希望する視力まで回復すらことができるのかというとそうではありません。

レーシックの手術をすることによって、自分が希望する視力まで回復するということはありませんが、平均して視力が裸眼で1.0から1.5までは回復するといわれています。人気の品川近視クリニックやSBC新宿近視クリニックの公式ページを見てみるとわかると思います。基本的に指定はできないのです。

しかし個人差がありますので、必ずしもこういった数字まで回復するかどうかというのは実際にレーシックの手術を受けてみるまでわかりませんが、手術を受ける前に必ず検査を行いますので、その段階で視力がどのくらい回復するかということがわかると思います。

裸眼の状態でほとんど何も見えないというのであれば、1.0まで回復することは難しいかもしれませんが、その場合であっても裸眼で生活できるレベルまでは回復するようになっています。

細かな数字までは分かりませんが、コンタクトやメガネを使わなくても日常生活に支障がないレベルまで回復することができるので、今まではコンタクトのケアが煩わしく感じていたり、眼鏡をするのがイヤだったりしていたという人でも、レーシックの手術を受けることによってそういった悩みからも解放されます。

特にコンタクトの場合には、毎日コンタクトを洗ったりしなければいけないし、定期的に買い換えなければいけないので面倒ですが、レーシックを受けることによってそういったことがなくなりますから、とても楽になると思います。

視力が回復されるというだけではなく他にも沢山のメリットがありますね。

クリニックを選ぶ基準

クリニックの選択はレーシックを受ける上でとても重要です。安く手術をしたいときには、マイクロケラトームを使用する手術を選ぶわけですが、この手術は執刀医の技術が手術の出来不出来を左右するといわれていますので、執刀する医師の実績でクリニックを選ぶことでしょう。

手術代金にこだわらなければ、レーザー機器が最新のところで、実績のあるところを選ぶことになると思います。

実績あるところでいえば、まず第一に品川近視クリニックです。そして次にレーシックのパイオニアである近視クリニック。その他にはまだ歴史は浅いですが、最近大阪にも医院を増やし、知名度を上げている新宿近視クリニックですね。

小さなクリニックでも良いところはあると思いますが、あまり情報がないので選ぶのが難しいと思います。例えば大阪市のレーシックはこちらのようなサイトで調べてみてください。

またクリニックは宣伝に力を入れると、当然宣伝代がかかり手術代に上乗せされます。後は、使用施設の維持費用、スタッフの雇用に対する費用もありますのでそれらも手術代に影響するでしょう。

変わったところでは、商標の使用代金というのもあります。これは「アイレーシック」が有名ですが、この名前の手術には使用料がかかり手術代金に必ず上乗せされます。

こういったことからも総合的に安心で安い大手のクリニックがおすすめです。